3/7高松空港→成田空港

覚えておきたいことなので…

飛行機は高松空港18:45発、成田空港20:05着。

座席は17Aで飛行機の左翼付近。 左の窓を見ると、左翼が見えていた。

飛行機は定刻通りに離陸。 高松空港を飛び立つと北東方向へ飛んで行くようだった。

空港の辺りはもうすっかり暗くなっていて、 滑走路のライトが明るく見えたり、 左翼の上にプリントされている文字が空港の照明の当たり具合によって、見えたり見えなかったりしていた。

飛行機が離陸して高度が上がっていくと、窓の外の空の色が少しずつ明るくなっていく。 日没後のように紺から深いオレンジ色へのグラデーションの空。

そして、左翼の先の少し上に明るい星。 内合前の金星が見えた。

手荷物の中にデジカメがあったのに、クロークに入れてしまっっていたので取り出せず、スマホのシャッター音を気にして画像が取れなかった…

その後は、進路を東の方へ変えたようで、 金星は飛行機の後方の方に行ってしまった。

着陸の30分前くらいから、成田空港に入るために、 飛行機が進路を東から北西方向に変えた。

すると、左翼から前方に4,50度のところに金星が見えた。このくらいの時間になると、金星の高度も大分下がったようで、目線と同じか、それよりも低い位置で見えた。空は、オレンジ色は見えなくなったが、それでも濃い青のあたりのグラデーションが見えた。

窓を覗き見る感じで、少し上の方を見てみると、火星が見えていた。これで、一等星くらいは見えるのだろうと思って、金星や火星が見えていた方向よりも南より、空の高いところを探しても、明るい星が見当たらなかった。たぶん、もっと高い位置に見えているのだと思った。というのも、地上ではとっくに見えなくなっている金星が目線と同じくらいの高さに見えているのだから。

それからも、一等星の星が見えてこないのかなと、時間を置いては確認をしてみたが見えなかった。 ただ、金星と同じ高さくらいに明るい星が見えていた。方向は金星から90度弱南方向。 あれはカノープスだったはず。 今、stellariumで3/7 19:30頃の空を確認すると、金星の高度は約2度、カノープスの高度は1.5度くらい。

明るさは、火星とほぼ同じくらいに見えた。

今回、この飛行機に乗ったのは本当に偶然だった。

  • 金星が内合前だった。宵の明星。
  • 火星が地球の接近の半年以上後だった。接近後はどんどんと夕方空、西の方に見えてくるので。
  • 春先で、カノープスが早めに正中する時期だった。カノープスはオリオン座からほぼ天の南極方向。
  • 離陸前に見れたのは、高松空港発だったからかもしれない。仮に松山空港発だったら、もう少し東寄りに進路を取りそうな気がする。
  • 確か羽田空港着は東京湾を北上していくようなルートだったはずなので、成田空港着だったからカノープスが見れたのかもしれない。
  • 天気がまずまずの晴れだった。

今、考えられるだけでもいくつかの条件が重なっていたようで、ほんとにラッキーだった。

内合前の金星を見るために、夕方のフライトを狙うのは比較的やりやすそうなので、次の機会はちゃんと写真を撮りたい。